アイドルと心理学

心理学からみたアイドル

male-female-sign-main

Sex or Gender

社会心理学では性別を表す言葉としてセックス(sex)とジェンダー(gender)の2つを用いるが、それは次のように使い分けられている。

  • 生物学的な性別 - セックス(sex)
  • 社会学的な性別 - ジェンダー(gender)

生物学的な性別とは「外性器の特徴から出生時に割り当てられた性別」を指していて、平たく言うと男女の体の違いである
社会学的な性別とは社会によって構築された性別を指していて、これも平たく言うと「男らしさ・女らしさ」の違いである。

アイドルの性別は心理学にいう社会的な性別

『性別がアイドルの要素で有るのは分かるが、何でアイドルサイトで社会心理学の話をしているのか?』と不思議に思う方もいるだろう。

社会心理学にいう社会的な性別は、意識的か否か(いなか)は別として芸能事務所がアイドルを売り出す際に様々(さまざま)な演出を考える基準となる要素だからである。

アイドルの、男らしさ女らしさ

gender equality scale

Women and Man

男性アイドルならば『男らしさ』を、女性アイドルならば『女らしさ』を演出することになる。『男らしさ』『女らしさ』といっても、よくある古典的な男性像や女性像の様なステレオタイプを演じるのではない。

心理学者の研究によると、青年期の男女が最も魅力を感じる異性像は以下のごとくである。(冒頭の数字が若い順に得票数は多い)

 

男性に好かれる女性像 女性に好かれる男性像
  1. 明朗な(明るい)
  2. 清潔な
  3. 素直な
  4. やさしい
  5. 思いやりのある
  6. 健康な
  7. 生き生きしている
  8. 知的な
  1. 思いやりのある
  2. やさしい
  3. 誠実な
  4. 生き生きしている
  5. 明朗な(明るい)
  6. 清潔な
  7. 健康な
  8. 知的な

上記の研究で男女ともに明るく・清潔で・やさしい異性に強く惹かれる(ひかれる)事が明らかになった。異性に好かれる特徴を多く持つアイドルほど好感度が上がる事に気付かれただろうか。

好かれるアイドルのタイプ

それでは、この情報を現実に当てはめてみよう。

男性に好かれるアイドル女性像
  1. 明朗な(明るい)=
  2. 清潔な =
  3. 素直な =
  4. やさしい =
  5. 思いやりのある =
  6. 健康な =
  7. 生き生きしている =
  8. 知的な =
  1. ハキハキした受け答え
  2. 髪や肌などに手入れの行き届いた外見
  3. 言われた事などへの順応性
  4. さりげない気遣い
  5. 会話などで他者を思いやる
  6. 歯並び良く張りのある肌・痩せすぎず太りすぎず
  7. 元気イッパイ歌い踊る姿
  8. 優れた会話力・番組で問題を解く

さあ、貴方の好きなアイドルはいくつ当て嵌まって(はまって)いたかな?該当したポイントが多いほど異性に対する魅力が多いと考えられるので、流行とかに関係なく人気が持続する可能性も高くなる。

※女性に好かれる男性像についての考察は筆者が男性に興味が湧(わ)かなかったという事で、ご容赦願いたい。

魅力を感じる対象は年齢によって変化する

「最も魅力を感じる異性像」は調査対象の年齢によって異なる。例えば、自分が高校生だとすると中・高校生アイドルが好みとなるだろう。

筆者は「派手・わがまま」な女性も好きだが、これは夜の世界の女性を思い描いているせいかもしれない。そんな私でも青年期では矢張り(やはり)敬遠していたと思うので、年齢によって好みが変わってきたといえる。

かくいう私はキャンディーズ世代の中年男、女性アイドルは子供かそれ以下の年齢だ。アイドルを恋人気分で見ることは無く『健康な・生き生きとしている・清潔な』が、好みとなる。

人は自分に無いものに魅力を感じ易い(やすい)。こうして書き出してみると、如何にも(いかにも)肉体の衰えを自覚し始めた中年らしい好みだと自嘲(じちょう)する他ない。

続きはこちら>アイドル好きにする魔法